安土詰め積めサークセン

  • 2014.07.01 Tuesday
  • 07:49
海道一の弓取りとなって天下布武する野望のため
<弓道教室>に通い始めて、はや3ケ月
この教室安いせいか土曜夕という行きやすい時間帯のせいか人気抜群!!
広い道場に人の洪水。さらに3ケ月ごとに人が増えてゆく。
そう、なかなか的前に立てないのである。霜月2
こうなりゃぁ
アジトで練習するしかない!!
ということで、家の廻りや付近を物色したがなかなか適当な場所がない
例の河川敷の鍛錬場でならできそうだが、やっぱ近くないと頻繁には・・・
で、
距離は短いが、屋内を選び 取りあえずは<安土>
土のう積めばいいか。
早速

運んだ。よいしょよいしょよいしょ
足場の悪い場所でつめつめして、えっちら運んで積む。
この土のう一袋20-25kg、下手に持つだけで腰をいわしそう汗
大変な作業だった。
最初の日は、3袋でダウン グゥゥゥl

二日目 ウ−−−ンとやはり3袋 


三日目 ちょっとだけ頑張って4袋
そして

四日目、10袋!かなり頑張ったーーーあグワシ剣道
さらに

五日目、とう--りゃぁぁぁぁぁ 一気にいったあ!!(積み替えた)
合計35袋、700kg!! 凄いぞ わし!!!


的付けた!!(手裏剣のまとだけど)



打った!!
記念すべき最初の射 こんなもんだろう。
ところが、

なんと、12射め(1射6本)めに想像外の的中に!!
50に2本、40に2本・・・・これは手裏剣でも通用するぞ!!(意味わからんけど。)
でもまあ
まーーだまだ当たりを気にする段階ではないんだけんど汗
かくして 野望のダイイチダンが秘かに進んでゆくのであった。

忍忍

や・ヤ・矢な道具

  • 2014.06.30 Monday
  • 07:52
弓道関連の道具が増えてきた。


まずは、矢立
カチッと止まり、するっと外れるように、かなり微妙な調整が必要だった。
そして

弓立。
セットで置いている。射のときは4、左に矢じりを上にしておく。
ちなみに、弓の銘は 当然<忍び>矢印

そして、弓道場に通うのに


矢筒。
道場では矢を2本しか使用しないので、市販の矢筒では大きすぎるのだ(と言っておこう。)


こうして背に背負うことができるぜぃ。
ほいで、

矢ホルダー手袋ぼうや


拡大!
これで、待つ間 両手がふさがらないぞっと
へっへhっへ



 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM