天空の里

  • 2015.04.01 Wednesday
  • 09:15
急坂に閉ざされ、雪に阻まれ、岩に阻止され、秘境探検家と自負する私が三度も撤退した
「天空の里」に四度めの挑戦。

これは、前回の岩をくりぬいた道

こういう風に先々に雪だまりが道を閉ざしている。
能力のあがった梵号なら、行こうと思えば行けそうだったが、
やめたのだ。スコップ持ってなかった。
雪が完全に溶けてからにしよう!

何故か写真が縦にならないで困った。

この写真の上(左)に里のある平らな台地が見えている。
そうカルスト台地特有の廻りが急斜面(あるいは断崖)なのに、
上がってしまえば、平らな土地なのだ。
 近畿にお住まいの方は、鈴鹿山脈の名峰・御池岳をご存じだろうか?
あの、山頂の平らな俗称「テーブル・ランド」に憧れる人は多い。
それの数十倍の、いやもっと大きい規模だと思ったら間違いない。
 しかし、冬でも大勢の人が登るテーブルランドに比べ、こちらは殆ど入る人がいない。
むやみに入ってはいけないと言うべきか、積雪期は通行止めとなっている。
 4回のチャレンジは、3月末、平地では完全に雪も溶け、Tシャツでもいける
陽気の日だった。
 その日の前日に、春に備えて、道の雪かきと掃除が入ったらしく
落ち葉に枝に倒木、落石だらけの道が綺麗に掃除されていて
問題なくは入れた。(でも前の2WDでは、無理だ。)
急斜面をクリアすると、

ごく普通の明るい農村だった。
ちなみに日蔭は雪多くて、池の水は凍りかけていた。
(いや、溶けかけていたんだろうな。)
ここは、手前の小さな集落なのだ。
さらに、奥に進む。

本当に、山あり谷ありのごく普通の山間の風景なのだ。


道端には、タイヤの高さぐらいの雪が残る。
そして、

やってきた。日当たりよし。
で、取りあえず、通過して反対の道を確かめる。
集落を過ぎると、

やはり、断崖をくりぬいたつづら折りの道が現れ、

反対側は、トレースの無く、試しに入ってみたが、陽気で腐った雪は
必殺4WDでも滑って歯がたたない!!もはや雪じゃなく滑る物体と化していた。
ということは、
昨日除雪が入らなければ、進入不可 だったんだ・・・・
手強し(ちなみに、除雪はキャタピラ)
里に戻る。

建物がつぶれて見晴らしが良くなっている。
まるで、津波にあったようだ。
かってここは、百人も泊まれる旅籠があり、600人もの人口があったのも
もはや、幻・・・

春を告げる福寿草がだけが、群生して私を迎えてくれた。
忍忍

*例え雪がなくても、ガードレールの無い狭い、路肩が弱いため真ん中に亀裂が入り、
半分は谷側に傾斜した、ぞっとする道を進み、対向車が来たなら、4WDしか上がれない急傾斜の道を
いつまでも、バックする。そういう所なので、生半な気で入ってはいけない。
 反対の谷筋の断崖直下の道は、もっとおとろしい。なので、具体的な地名や場所は書きません。
幻の天空の里だと思ってくらはい。

 

天空の里

  • 2015.03.24 Tuesday
  • 08:25
おはこんにちは、妄想系忍者のかげでごわんす。
さて、初めて書く「秘境」カテゴリーの第一段は、
近畿の秘境「天空の里」編です。ちゃっちゃーーんn
(尚、認定や命名は、勝手にしてますので間に受けないで、読み物として長ーーイ目で見てクラ杯)
 
 実は、近畿にも、しられざる秘境と言うべき所が沢山あるのです。
身の毛もよだつような恐ろしい場所や、悠久の時に忘れ去られた廃墟が無数に存在しています。
 忍者かげは、別のところでは、秘境探検家・ウッディ・ジョーーンズとも呼ばれています。
数々の探検した秘境の中で、今回は、最新の「天空の里」を紹介します。
尚、今回も一般人が立ち入るのには、非情な危険が伴いますので、具体的地名は控えます。

さて、忍者であり、山屋であり、忘れられた山城を探して全国の深い山中を、走破してきた<かげ>も、
今回は、いきなりの敗退!!
最初の急なカーブの坂があがれない・・・・・
山中で数々のスタックを自力で脱出してきた<かげ>が、秘術を尽くすも
なんともならない。どうしても上がれない・・・・
やむなく退散。通常は徒歩で向かうのだが、まだ先は長かったのだ。

そして、後日。なななんと、愛車を4WDに買い替えてのアタック
(といっても、同じ車だけど^^)
同じ車なれど、細かくチューニングがされた足回りは、全くの別物と言えるほど
進化しておった。
前は、確かにバネが付いておったが、今回はサスペンションが付いた感じでスコスコ動く。
「これなら。」と思ったら、思ったとおり、前回行けなかった所をあっさりパスした。
それも2WDで!!
それから先も、次々と出てくる難所をあっさりパスして、ほぼ登り切ったところで
(ここは、断崖の様な絶壁を400Mも急登するのだ)
雪!!しかも谷側は溶けており、山側だけにテンコ盛りに・・・

ひびが入り弱い路肩。もちろんここには、ガードレールなるものはなく
絶壁側に大きく傾きながら行くのは、嫌な気がしたので
ここで撤退を決めた。
この嫌な気というのは、非情に大事で、これを抑えて行動すると
あとで、後悔すうることが多い。

そして、三回め
と、その日は工事が入ってたので、回って別の道。谷筋からアタック

この絶壁の上に行かなければならぬ。
ところが、この道 岸壁をえぐった道で、
富山の秘境「黒部峡谷の下の廊下」の車道版みたいな道で、いたるところと言うか
全部が落屑の巣みたいで、そっと静かに通行するも怖い!!
舗装がいっぱい落石」で」削れたり、割れたりする所を、散らばった落石をよけながら進む。
(私のはバンの」タイヤで補強が入っているが、普通タイヤでは、路面の尖った落石に接触
してパンクなんてよくあるのでご注意)
ところが、この道ももう少しというところで、どっちゃりの雪に阻まれる。
3月」後半の暑い日であったが、谷筋なので残雪は多い。
で、ここも雪が溶けるまで待つことにして、敗退!!


この橋は渡れねえやね。


無理に行くとこうなる。
車体が薄いので、トラックかと思ったら、
1B0Xだった。ぺちゃんこ
続く

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM