忍び地下に潜る。

  • 2015.10.08 Thursday
  • 19:09
201・年、8月某日
ちゃららーだっだったたー
人工知能スカイネットが反乱して核戦争を始め、人類を滅亡させる事を知った忍は、
愛車に食料と生活必需品、それと武器と闘志を詰め込んで、出発した。
 行き先は日本で数少ない被害から逃れられる場所・知多半島の先っちょだ。
そこには、志を同じくする多くの忍者が集結している筈だった。

だっだったたー、だっだったたー

知多半島の先っちょから見た都会は、燃える炎に包まれ空も赤く焦げ、
人類の歴史の終りを告げているかの様だった。
だが、まだこの国には、最強の忍び衆が残って密かにここに集まり始めたのだ。

そして、
集まった者どもらで、
人類の生存を信じて、必殺・秘法の呪文を唱える忍び達。
風が吹き荒れ、砂が空に舞った。
恐るべき呪文だった ーだったったー、だったったー
忍はここで、足を痛めた。


地獄の猛火から脱出して、ここに集まることが出来た忍びはなんと、、、
たった、14忍しか居なかった。
だが、数万忍の中の14忍。
彼らは一騎当万の腕利きの忍び者だ。
ひとりで数百のサイボーグと戦えるであろう。
頼もしい味方である。


早速、地下のアジトに籠り、
頭領から経緯や敵のサイボーグを知るための動画、
また闘い方のポイントの指導を受けた。
いつもながら、冷静沈着、
この年で毎日考えられない程、身体を鍛えている恐るべき頭だ。


そして、
武器商人から新しい武器の使い方を学んで、


組頭からは、
敵の翻弄の仕方。


そして、
なんじゃか忍からは、負ける事の重要さ。
を学ぶ。


師範からは、闘い方を学んだ。
だが、忍びの そんな殺伐した生き方の中にも
ひとときの安らぎがあった。
それは、
忍びものどうしで、


恋が生まれたようだ・・・
さすが人類!といっておこう。
人は恋するために生きるのだ。

あぁぁぁ 忍もしたかった・・・言ってくれれば・・
だったのにー、だったのにー

忍にん


 
 
コメント
長老>
滅多に更新しないプログです。ははは
  • かげ
  • 2015/10/12 1:36 PM
おはようございます。
かげさん、しころさん
かげさんのブログ 今朝知りました(笑)。
  • 長老
  • 2015/10/12 7:04 AM
だねえーー
  • かげ
  • 2015/10/11 4:49 PM
見どころ満載スペクタクルな一日でしたね!
  • しころ
  • 2015/10/09 9:17 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM